つくらし=つくる×くらし

<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧




幼児童向け環境教育プログラムづくり

今年度は鹿児島で、森のようちえんや保育園や学校などで活用できる、幼児童向けの環境教育プログラムづくり研修の講師をしています。

研修の参加者は、それぞれの地域で活動している若手と中堅の方々。

昨日は、沖縄から参加しているKさんのプログラムの試行を見に行きました。
d0321092_13263156.jpg

プログラムを体験したのは、5歳のHくん。森の中で生きものたちのフィールドサインを探します。
d0321092_1328350.jpg

はじめはなかなか見つけられなかったけれど、しばらくすると、食べ跡、うんち、巣穴など、いろんな生きものたちの痕跡が見えてきます。

虫眼鏡でよーく見て、ワークシートに絵を描いて、どうしてそこにそれがあるんだろうと考えて‥‥。
d0321092_1328642.jpg

見つければ見つけるほど楽しくなって、絵だけじゃなくて、見つけた場所の地図も描きはじめました。
d0321092_13274410.jpg

プログラムは、試行をするたびに、いいところや改良点が見えてきます。
d0321092_13275410.jpg

来月は、鹿児島で2回目の研修。研修を重ね、試行をくりかえしながらプログラムをブラッシュアップしていき、年度末には、この研修で生まれたプログラムを貸出キットにして全国に貸し出し、各地で活動している方々の知恵やノウハウを共有し広めていくプログラムバンクにしていく予定です。

参加者のみなさんからどんなプログラムが生まれてくるか、とっても楽しみです。
[PR]



by tsukurashi | 2014-08-28 13:30 | 人材育成&プログラム開発

沖縄の土の絵の具セットづくり

今日のキッズラボは中学生!

「明日から新学期が始まるけど、まだ自由研究ができていない!」ということで、短時間集中型「沖縄の土の絵の具セット」づくりをしました。

まずは持ってきた土を砕いて、ふるって、ビンに入れます。沖縄の土は色とりどりなので、今回は8色セットに。
d0321092_22195720.jpg

土のプログラムを体験したり、土の本を読んだりして、お友達に伝えたいと思った土についての発見をレポートにまとめ、土の絵の具を入れる箱もつくって(これが結構手がかかるのです)、無事完成!
d0321092_22204160.jpg

半日がんばってできあがったけど、やっぱり夏休み最終日の自由研究は大変だし、土は知れば知るほどおもしろいから、1日だけで終わらせるのはもったいないよね。
d0321092_22214183.jpg

土の絵の具セットをつくっていたら、たくさんわからないことや知りたいことがでてきたみたいだから、新学期が始まっても土のことをいろいろ調べたり、見つけたり、試したりしてみてね。

そうそう、箱づくりもなかなか奥が深いから、そっちもいろいろつくってみると楽しいよ。つくればつくるほど上手になるはずだしね。
[PR]



by tsukurashi | 2014-08-24 22:23 | キッズラボ

つなげよう、海心(うみぐくる)

11月に開催される「海辺の環境教育フォーラム 2014 in 沖縄」の展示や会場設営、アクティビティづくりについて、実行委員の大学生とつくらしでミーティングをしました。
d0321092_13553130.jpg

「つなげよう、海心(うみぐくる)」、海への多様な想いをまわりに伝え、若い世代につなげる、それが今回のフォーラムのテーマです。フォーラムの運営も、若い世代を中心におこなっていこうとしています。

このフォーラムをきっかけに、どんな海心がつながっていくか、楽しみですね。
[PR]



by tsukurashi | 2014-08-24 13:55 | ミュゼラボ

今日も、サマースクール in 恩納村

d0321092_18493423.jpg

今日のサマースクールは、なぜか全員男の子。しかも高学年の子が多かったのは、午後がシーカヤックだからかな。
d0321092_1850891.jpg

男の子ばかりなので、午前中はチカラが余っちゃうかなとも思いましたが、お昼ごはんも忘れそうなほど集中して、土を見つけに行ったり、土の絵の具をつくったりしていました。
d0321092_18501490.jpg

海岸できれいに分かれた地層を見つけ、自由研究のために、それぞれの土について気づいたことを土カードに書き込み、土の絵の具で地層や万座毛の景色を描き、土の絵本や関連の本も並べておいたので、一息入れたときに、いろいろ読んだりしていました。
d0321092_18502830.jpg

夏休みもあと少しだけど、めいっぱい楽しんで、学ぼうね!
[PR]



by tsukurashi | 2014-08-22 18:51 | キッズラボ

サマースクール in 恩納村

今日は、恩納村ふれあい体験学習センターでサマースクール!
d0321092_2231082.jpg

午前中は、夏休みの自由研究にしようということで、みんなでセンターのまわりの土を見つけに行って、土の絵の具をつくって、絵を描きました。
d0321092_2232921.jpg

椰子の木、赤瓦、山羊など、沖縄の風景を土の絵の具で描くと、なぜかとてもしっくり合います。土の色は、その土地の風景の色なのかもしれないですね。
d0321092_223457.jpg

そして午後は、イノー(礁池)の観察。恩納村エコツーリズム研究会の方にいろいろ教えてもらいながらイノーを歩くと、シオマネキや巻き貝や二枚貝、ナマコやルリスズメダイがいっぱいいるのに気がついて、みんな夢中に。
d0321092_2242387.jpg

特に、赤や青のとっても綺麗なシオマネキは大人気! こんな近くの浜に、こんなにたくさんいたんだね。
d0321092_2244384.jpg

来週のサマースクール、午後は、無人島上陸シーカヤックですよー。
d0321092_2244291.jpg

[PR]



by tsukurashi | 2014-08-15 22:05 | キッズラボ

博物館学芸員課程の実習

今日は、県内の博物館学芸員課程の大学生たちが実習の一貫で訪れました。
d0321092_22581552.jpg

松原が「これからの博物館」についてレクチャーした後、金田による「つくらしの展示プログラム」の体験。そして、質疑応答。

博物館など、市民の学びの場を担っていく若者たちと出会える、そして伝えられる場や機会があるのは、とてもうれしいことです。

最近は、県内の大学生と出会う機会も増え、つながりもできてきたので、伝えたり、カタチにしたり、一緒に楽しみながら、これからをつくっていきたいな。
[PR]



by tsukurashi | 2014-08-12 22:59 | ミュゼラボ

革のiPhoneケース

台風12号が近づく中、大人のアトリエでは、革でiPhoneケースをつくりました。
d0321092_22543939.jpg


今回は、
「iPhoneは、ケースから取り出して使いたい」
「ベルトや鞄にぶら下げられるようにしたい」
「家では、所定の位置にぶら下げられるようにしたい」
「ケースに入っていても、時間が確認できるようにしたい」
という希望を叶えるべく、上の写真のような仕様になりました。

ちなみに下の写真は、松原のiPodtouchケース。
d0321092_1295559.jpg

ベルトなどに引っかけられるように、金具が付けてあります。
ケースから取り出すことなく使います。

自分のですから、割り切ってiPodtouchを挟み込んだまま縫っちゃいました。

つくらしでは、つくる人と一緒に仕様を考えながら製作していきます。

あなたも自分の使い方に合わせたiPhoneケースをつくってみませんか?
[PR]



by tsukurashi | 2014-08-01 22:53 | 大人のアトリエ

つくらし@沖縄
by tsukurashi
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ヌメ革の財布
at 2017-04-14 23:08
いぎみてぃぐまの様子
at 2017-04-09 09:10
掲載記事
at 2017-04-06 12:26
いぎみてぃぐまの動画ができま..
at 2017-04-05 11:43
いぎみてぃぐま 窯出し
at 2017-03-30 10:04