つくらし=つくる×くらし

<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧




バージョンアップ中!

あっという間に3月下旬。

つくらしのちいさな展示室は、ただいまバージョンアップ作業中!
d0321092_13155962.jpg

手作りの木製ピクチャーレールをつけたり、展示パネルの着脱をより簡単にできるように、つくらしユニット(アップデイト展示システム)の改良をしたり。

次の企画展の準備もはじめているので、連休前には、新しい企画展と、バージョンアップした展示室をお披露目できると思います。

バージョンアップ中も、ワークショップなどの活動は通常通りしていますので、やってみたいなーと思ったら、気軽にご連絡くださいね!
[PR]



by tsukurashi | 2014-03-27 13:17 | ちいさな展示室

「津波の夜に」 大西暢夫 映像&お話し会

d0321092_1849104.jpg

昨日の「津波の夜に」大西暢夫 映像&お話し会。年度末の忙しい時期にもかかわらず、時間をつくって足を運んでくださってありがとうございまいした。

つくらしのちいさな展示室もほぼ満席になりました。

d0321092_18493981.jpg

大西さんの映像などで東松島市で暮らしている人たちのいまの様子や言葉などを聞いていると、震災はまだまだ続いているのだと感じます。

d0321092_185013.jpg

今回の震災では、社会のさまざまな矛盾や裏側、それぞれの価値観、生き方や暮らし方など、多くのことが顕わになり、問い直されているような気がします。

震災は過去のことではなく、現在進行形で、未来形でもあるのではないでしょうか。

かなり困難で悩ましい現状ではありますが、つくらしも現状と向き合いながら、悩みつつ、未来をつくっていきたいと思っています。
[PR]



by tsukurashi | 2014-03-17 18:50 | 大人のアトリエ

明日は「津波の夜に」映像&お話し会

d0321092_17563959.jpg

明日16日(日)15時〜17時に、つくらし@恩納で、写真家・映画監督の大西暢夫さんによる「津波の夜に」映像&お話し会をします。

大西さんの写真集や写真絵本、映画などをご覧になったことがある方はよくわかると思うのですが、彼が撮っているのは、そこで暮らしているひとりひとりの人生や心の奥の声のような気がしています。

「ダムに沈む村」「分校の子供たち」「僕が撮った精神科病棟」「ぶた にく」「水になった村」など、多くのドキュメンタリー写真や映画を撮り続けている大西さん。

また、写真家・映画監督の本橋成一氏に師事していたときには、「ナージャの村」「アレクレセイと泉」というチェルノブイリ原発事故後がテーマの映画撮影スタッフとして現地を訪れています(私たちも少し関わりました)。

現在も続けられている、東松島市の仮設住宅の一室につくられた仮スタジオでのインタビューと映像などを通して、震災による被害や影響、現状、そしてこれからについて、ゆっくりと話を聞いて、改めて考えてみませんか。

明日は、映像やスライドだけでなく、写真と文章もいくつか展示する予定です。

沖縄でこのような映像や話を聞ける機会はなかなかありませんので、年度末の忙しい時期だとは思いますが、ぜひいらしてくださいね(事前にお申し込みいただけると助かりますが、固定席ではないので、事前申込はしていないけれど当日急遽来られるようになったというのでも対応可能です)。

詳細は場所は、下記のつくらしサイトをご覧ください。

つくらしサイト
[PR]



by tsukurashi | 2014-03-15 17:57 | 大人のアトリエ

馬に乗った来館者

昨日の最後の来館者は、馬に乗ってやってきました。

15歳になったばかりと、もうすぐ17歳の二人は、本島1周馬旅の途中。

d0321092_13163364.jpg

馬たちはつくらしの駐馬場(?)でゆっくり草をはみ、少年たちは馬旅の疲れを癒し、今朝、旅立っていきました。

d0321092_13165558.jpg

今日は読谷に向かっています。

d0321092_13171335.jpg

見かけたら、どうぞよろしくお願いします。
[PR]



by tsukurashi | 2014-03-14 13:21 | つくらしのこと

大豆の種蒔き

d0321092_1691819.jpg

昨日は、地元で無農薬大豆を育て始めている方から1畝だけお借りした畑に行って、大豆と野菜の種を蒔きました(できるだけ在来種の種にしました)。

農業は超初心者なので、どこまで育つかわからないけど、たくさん収穫できたら、来年はこの畑で育った大豆で、つくらしの味噌づくりや納豆づくりができるかもしれません。

楽しみだなぁ、ドキドキだなぁ、どうなるかなぁ。

ちなみに今日の午後の味噌づくりワークショップは、福岡の大豆。今年の味噌づくりワークショップは、まだしばらく続きそうです。
[PR]



by tsukurashi | 2014-03-12 16:10 | 発酵ラボ

エネルギーラボ つくってみる編 3

今日はエネルギーラボ!

d0321092_19504531.jpg

つくってみる編の1と2で、自分でコイルを巻いて、実体配線図を書いて、ハンダづけをして発電機本体をつくりましたが、それを日常生活の中でどんなふうに使いたいかを、自分の家とくらしをふりかえりながら考えていきます。

省エネするために生きているわけじゃないし、自家発電することが目的なわけでもなくて、楽しく幸せにくらしていくため、そして、まわりも未来も幸せであるためにはどんなふうに生活していきたいかを、エネルギーという視点から考えていきました。

家の見取り図を見ながら、いるもの、いらないもの、ほしいものなどを出し合っていくと、くらしかたのアイディアもどんどん出てきます。

その後は、お母さんの発案を活かした発電装置のモデルを見て、次回からどうやってつくっていったらいいかを検討。この発電装置、ちゃんと機能するようにつくることができれば、とってもおもしろいモノになりそうだなぁ。
[PR]



by tsukurashi | 2014-03-09 19:51 | エネルギーラボ

ミュゼラボ最終日!

3日連続のミュゼラボ最終日!

d0321092_0471351.jpg

今日は、昨日ブラッシュアップしたプログラムを実際にやってみて参加者の反応をみたり、感想やフィードバックをもらって内容の再検討をおこなう日。

d0321092_0474372.jpg

また、つくらしのプログラム「土で絵を描く」と「土のクレヨンづくり」を体験して、プログラムの構成や内容を理解しながら、自分の場でおこなうときのポイントや注意点などを共有していきました。

d0321092_048363.jpg

3日間という短期集中型でしたが、思っていた以上に深く広く、未来につながる時間と内容になった気がしています。

d0321092_0482489.jpg

新たに生まれた香りのプログラム(ワークショップ)には、たくさんの発見があって、本当におもしろかった! これがどんなふうに育っていくかとっても楽しみです。

d0321092_0484471.jpg

ミュゼラボは、つくらしにとって核のようなものだな、と改めて感じた3日間でした。
[PR]



by tsukurashi | 2014-03-08 23:46 | ミュゼラボ

ミュゼラボ2日目!

今回は短期集中型なので、午前午後と連続したワークショップ。

d0321092_2311911.jpg

これまでの実践をふりかえりながらプログラムをブラッシュアップしたり、ワークショップで使う道具を入れる箱を自分でつくれるようになるためのノウハウを学んだり。

d0321092_2354220.jpg

手を動かし、頭を動かし、アイディアを出し合い、わくわくする時間はあっという間に過ぎていきます。
[PR]



by tsukurashi | 2014-03-07 23:07 | ミュゼラボ

ミュゼラボの日々

d0321092_23394011.jpg

今週は、ミュゼラボの日々。

一昨日は、自分たちでちいさなネイチャーセンターをつくりはじめている若手と内装などについて、アドバイスやプロセスの整理をしていき、今日から3日間は、これからちいさな学びの場をつくろうとしてるYさんとの連続ワークショップ。

自分たちで場をつくろうとしている人たちが増えているのは、とってもうれしいことですね。

どんな場になっていくか、とっても楽しみ!
[PR]



by tsukurashi | 2014-03-06 23:41 | ミュゼラボ

「津波の夜に」大西暢夫 映像&お話し会

d0321092_22565274.jpg

今月16日(日)15時〜17時に「津波の夜に」大西暢夫 映像&お話し会をします。

写真家&映画監督の大西暢夫さんは、東日本大震災後、東北に足繁く通って、写真撮影をしながら地域の人たちと対話をくりかえし、「東北沿岸600キロ 震災報告」「3.11の証言 心に留める東日本大震災」「津波の夜に 3.11の記憶」などを著しています。

震災の被害や影響はまだまだ続いているのに、まだ3年程しか経っていないのに、私たちの心の中や社会から薄れゆく震災のこと‥‥。

私たちになにができるのか、どう捉えたらいいのかなど、大西さんが現地で記録し、体験したさまざまな話を聞きながら、自分自身で問い直していけたらと思っています。映画も撮影中ということなので、写真だけでなく映像も見ることができそうです。

参加費は1500円(被災地での活動費になります)。大西さんが岐阜新聞に連載した記事をまとめた「東北沿岸600キロ 震災報告」「3.11の証言 心に留める東日本大震災」の2冊付です。

また、3/29まで首里にある県総合福祉センター2階のCafeめしギャラリーさまさまで大西さんの写真展も開催されています。

大西さんを紹介しているHP

日時:3月16日(日)15:00〜17:00(25名限定、事前申込、先着順)

参加費:1,500円(「東北沿岸600キロ」「3.11の証言」の2冊付)

25名限定ですので、ゆっくりじっくりお話しが聞ける&お話しできると思います。ぜひぜひいらしてくださいね。

なお、参加のお申し込みは、メールでお願いいたします。
tsukurashi☆digitalium.co.jp(☆を@に変えてください)

お待ちしています!
[PR]



by tsukurashi | 2014-03-02 23:00 | 大人のアトリエ

つくらし@沖縄
by tsukurashi
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

ヌメ革の財布
at 2017-04-14 23:08
いぎみてぃぐまの様子
at 2017-04-09 09:10
掲載記事
at 2017-04-06 12:26
いぎみてぃぐまの動画ができま..
at 2017-04-05 11:43
いぎみてぃぐま 窯出し
at 2017-03-30 10:04